杉山 正 - What's new


更新日 2017-11-02 | 作成日 2008-05-14

What's new

最新情報をお知らせするページです。

12/28/2010

TMマウスピース43.5完成!

tm43.5.jpgtm43.5cup.jpg

開発中のTM-Bob Reeves 43.5がついに完成して到着いたしました。
このマウスピースはシンフォニープレーヤーでバックの1番を使用されているプレーヤーの方々にはとても良く、機能するマウスピースだと思います。

Bob Reevesというと「ジャズ」という先入観があるのですが、Bob Reeves製作と言っても中のデザインは私が担当したので、従来のBob Reevesマウスピースとはまったく違う性格を持ったマウスピースです。もちろんBob Reevesの作りの良さはそのままです。

どちらかと言えば,昔のハイムのようなトラディショナルなマウスピースに該当しますので、シンフォニープレーヤーの方々に是非使用していただきたいマウスピースです。

6/24/2010

ついに完成しました!

詳細は近日中にお知らせいたします。


03.jpg01.jpg02.jpg

6/15/2010

|予|約|開|始|で|す|!|

NE52treble.jpgNE52bass.jpg

  ナチュラルアンブシュア52週間 
  〜金管初心者のためのシステムエクササイズ〜
  著者:杉山正
  価格:4,000円(税込)
  発行:タングマジック

詳細はこちら


4/12/2009

news!  FTBアメリカ上陸!

取り扱い:Shattinger MusicLinkIcon
このページの Search Keyword(s) に「flex tongue」と入れるとトップに表示されます。

FTB_English.jpgFTB_profile.jpgFTB1_Englissh.jpg

Flex Tongue Build 英語版が出来上がって来ました。
感無量です!
英語版を出版するというのはゴードンへの恩返しの意味もありました。
アメリカ、ヨーロッパに散らばっている弟子達も喜んで受け入れてくれるのが目に浮かびます。

英語になると同じ内容なのにカッコ良く見えるから不思議です。 表紙デザイン:平澤 保(アークステーション)

4/10/2009

cglogo.jpg Marcinkiewicz Claude Gordon モデルマウスピース 

 P1000705.JPG P1000711.JPG 
 
オレゴンから送られて来たマウスピースの検品、試奏が終わりました。 
前回分(2008年10月終わりに届いた分)はNGを出したので、その後が気になっていたのですが、パーフェクトなものとなって届きました。 
 
検品している最中に微笑んでいるゴードンを感じました。 弟子としてやっと責任が果たせた、という感じで、ハッピーな気持ちで一杯です。
言うまでもなくMarcinkiewicz CGモデルトランペットとの相性は抜群です。
 
モデルはCG3、CGパーソナル20ドリル、CGパーソナル22ドリル、CGフリューゲルマウスピース、CGコルネットマウスピースの5種類。
ゴードンが拘った『サウンドに響きを持たせるため直Vに少しラウンドを持たせる』というコンセプトが忠実に再現されています。
FLGMPはフレンチシャンクとアメリカンシャンクの2種類あるので、すべてのFLGに対応出来ます。

4月終わりには第1便がシアズに届く予定となっています。
 
お問い合わせ:シアズLinkIcon 担当吉野さんまで
 
 

1/23/2009

cglogo.jpg Marcinkiewicz CG モデルトランペット 
 

IMG_0397.JPG IMG_0379.JPG newcgtp470.jpg newcgtp468.jpg 
 
 
 
Joe MarcinkiewiczによるClaude Gordon モデルトランペット「Limited Edition」(25本限定)の製造が終了しました。
上記写真左の限定モデルのリードパイプに書かれているClaude Gordon Modelの文字、限定モデルナンバーこそありませんが
CGモデルトランペットは引き続き製造されます。
限定モデル以降初めての1本がシアズに到着し、試奏、検品しましたが限定モデル同様素晴らしい吹奏感でした。

10/31/2008

Marcinkiewicz CG モデルトランペットマウスピース 
 

cglogo.jpg 
 
 
 
今朝ラリー・スーザから連絡があり、Joe MarcinkiewiczからCGモデルマウスピースのプロトタイプが送られて来たとのことでした。
今のところ、CG-Personal, CG3, Flugelの3種類で、ゴードンの限られた生徒に見て欲しいということでラリーから私に送られて来ます。
それをチェックしてまたラリーに送り返すのですが、どんな風に仕上がったのか見るのが楽しみです。
Joeは自分のコンセプトとカラーを出さずにゴードンのコンセプトに忠実にトランペットを再現しました。そのトランペットを見るとゴードンをリスペクトしていることがダイレクトに伝わって来ました。故にマウスピースも同じように忠実に再現していると思います。
到着したら写真をアップしますのでお楽しみに。