杉山 正 Brass Camp レポート2

〜 すべての金管楽器奏者と金管楽器指導者のための 〜

BrassCamp2009_flyer.jpg

| HOME | Brass Camp Home | Camp report | Brass Camp 2 |

更新日 2017-10-12 | 作成日 2008-05-14

Masashi Sugiyama Brass Camp @ ゾンタック

2009.07.19 (第2日目)

P1000083.JPG660806090_36.jpg

チェストアップをしてブリージングエクササイズすることは肺を取り巻く呼吸筋の発達に効果的だということを、初めて見る横隔膜の動画や呼吸時の肺、それを取り巻く胸骨の動画に驚きながらも皆さん大納得。続く杉山 正によるウインドパワーの講義と見事にリンクした素晴らしい講義でした。

午後は杉山 正による演奏中ミスをしないための「タングのチャンネル作り」。Claude Gordon著のDaily Trumpet Routine Lesson 3を参加者全員で演奏しました。キイポイントはタングの動きを感じて正確に。
P1000096.JPG続いて広島交響楽団のトランペット奏者であり、Claude Gordon Brass Campにも数回参加した松崎祐一氏のクラシックアプローチです。
オーケストラのオーディションについて、クラシック金管奏者のためのカリキュラム、B管、C管をはじめ移調楽器の使用に関する考察をデモンストレーションをしながら丁寧に説明していただきました。
講義の最後には珍しいナチュラルトランペットを演奏していただきました。最近のオーケストラではナチュラルトランペットを使用することも多くなって来ているようです。

講義終了後は蒲田にある「舶来管楽器 シアズ」菅平ショップ(!?)の開店です。

660807844_182.jpgIMG_0110.JPGIMG_0127.JPGIMG_0131.JPG

目玉はもちろんBrass Camp 2009のために特別に用意していただいたMarsinkiewicz Claude Gordon モデルトランペット。特設コーナーになんと5本ものCG モデルトランペットが並びました。これほどの本数が揃うのは世界的に見ても例がないことです。皆さん早速試奏開始。エアーがスムーズに入るだけでなく、必要な抵抗がしっかりあるこの楽器のキラキラとした音色に次第に魅了されて行きました。試奏した感触が忘れられずキャンプ終了後にゲットした方もいらしたようです。
トランペットの他にもマウスピース、深谷氏推奨の掃除道具などが所狭しと並びます。皆さんそれぞれ買い物を楽しんでいました。

P1000120.JPG夕食はステーキディナー&ピザ作り体験。ピザ生地をめん棒で伸ばす時の真剣な顔つきには笑ってしまいましたが、出来上がったピザはクリスピーで超美味でした。

20:00
いよいよブラスアンサンブルコンサートの始まりです。ブラスキャンプで知り合った仲間と短い時間で仕上げたアンサンブルはやる気バッチリ、スリル満点。その熱演には聴きに来られた一般のお客様からはブラボーの声援まで飛び出しました。
そしてお約束の交流会。コンサートの緊張感から解放されたせいか盛り上がりも前夜の比ではありませんでした。

Brass Camp 3日目LinkIcon

他のアルバムを見る

Breathing Exercise

夕食&ピザ作り体験

コンサート

交流会