Brass Camp of masashisugiyama

Masashi Sugiyama Brass Camp in 東京

ハイノートを出したい!きれいな音を出したい!
演奏スタミナをアップしたい!
など、金管奏者の悩みを解消するノウハウがここにある。


古えの金管ヴァーチュオーソ達は何故いとも簡単に演奏出来ていたのか!
その「秘密」の解明とともに、ヴァーチュオーソ達が行っていた訓練方法を紹介。様々な訓練を通して実現する音域の広がり、耐久力の向上、サウンドやアーテュキレーションの改善を実感してください。
圧巻はハイノートを楽に出したい方必見の「舌のX線透視動画」。
『いつ、何を、どのように練習すればよいのか』『楽に演奏するには何を機能させるのか』
H.L.クラークからゴードンに伝わった「伝統的な奏法」はシンプルでナチュラル、そして理にかなったものでした。

●講義内容

  • 金管演奏における大切な要素(タングコントロール、ウインドコントロール、フィンガリング&グリップコントロール、サウンドコントール、ブリージングエクササイズなど)
  • 教則本の使い方 (How to practice, what to practice, when to practice)
  • 音域の拡大、耐久力、正確さをアップさせるには
  • 金管楽器演奏における横隔膜のX線透視実験についての考察
  • 舌のX線透視実験動画の考察
  • 金管アンサンブル
  • 金管楽器の役割 
  • 金管楽器史に残るヴァーチュオーソ達の録音鑑賞 などなど                     

ブラスキャンプホスト

ホスト

1927895_16344115460_4664_n.jpg杉山 正
17年間クラウド・ゴードンのもとで奏法を学び、ゴードン直伝のブラスエデュケーターとして豊富な実績を持つ。その範囲はスクールバンドからプロの奏者まで多岐にわたり、学習者の課題をすばやく見抜いて適確なアドバイスを与える鮮やかな指導には定評がある。
ステラジャム(国際ジュニアジャズオーケストラ・フェスティバル)の審査委員長、「ハイノート入門セミナー」講師。またビッグバンド "Serendipity18"のリーダー&リードトランペットとして都内でライブを行うほか、高校生を対象とした芸術鑑賞会を各地で行っている。

▽翻訳執筆した教則本
『金管演奏の原理』 (クラウド・ゴードン著) 
『Flex Tongue Build』 
『High Air Build』
『Tongue for Lead Trumpet』
『Natural Embouchure in 52 weeks』
『Super Long Tone』
『Smooth Tonguing』
『Now! わが師クラウド・ゴードンの言葉』
『ハイノート入門 I〜IV』
『High Note Master』
『金管問答』

ブラスキャンプ講師

2018講師

fukuda1.jpg福田 員茂 (ふくだ かずしげ)
内科医(高齢者在宅医療、在宅緩和ケア)
2000年国立浜松医科大学医学部医学科卒業。同年、浜松医大附属病院麻酔科蘇生科に入職。2006年まで麻酔科医として手術麻酔・ペインクリニック・集中治療室勤務を行い日本麻酔科学会麻酔科専門医資格取得。同年5月より千葉県千葉市にて在宅療養支援診療所 ちぐさ会クリニックを開業し、高齢者在宅医療やがん患者等の在宅緩和ケアを行っている。2011年医療法人社団 双寿を設立。年々厳しくなっていく高齢者在宅医療の現場や、神経難病・末期がん患者等の在宅緩和ケアに訪問診療・往診の立場で地域医療に貢献できるように日々地域を飛び回っている。
2009年より杉山正ブラスキャンプの呼吸解説講師となる。2014年には「トランペット演奏時の舌のX線透視観察実験」を施行。ブラスキャンプ講義の充実に取り組んでいる


古野.JPG古野 淳 (ふるの じゅん)
福岡県出身。東京音楽大学卒業および同大学研究科修了。ホルンを安原正幸氏に師事。1990年、ソロCD「ジャストユニーク1990」をリリース。1995~96年、サンクト・ペテルブルク国立文化アカデミー(現・文化芸術大学)に留学、ホルンをA.スホルーコフ氏に師事。98年、NHK-FMリサイタルに出演。新星日本交響楽団にてこれまでに、F.ヒダシュのホルン協奏曲、A.ゲーディケのホルン協奏曲を日本初演。2014年、セカンドCD「悠久のペテル」をリリース、第52回レコード・アカデミー賞を受賞。現在、東京フィルハーモニー交響楽団ホルン奏者、ホルン四重奏団JAMSメンバー、日本ホルン協会会員、さいたまホルンの会会員。


Aikawa.jpg相川 等 (あいかわ ひとし)
オルケスタ・デ・ラ・ルス在籍。ライブ、CM、レコーディングのほか作編曲多数。2014年~15年は井上陽水とデ・ラ・ルスのコラボで「宇多田ヒカルのうた-13組の音楽家による13の解釈について-」「アート・オブ・マッカートニー~ポールへ捧ぐ」、陽水アルバム「UNITED COVERS 2」にて「ブラタモリ」テーマ曲担当。20年以上ビッグバンド編曲を提供。山野ビッグバンド・コンテストでも毎年クレジット。2010年スイングジャーナル国内18位トロンボーン奏者。2016年、2017年とステラジャムに課題曲を提供。Serendipity18のメンバーとしても活動中。




21755053_1626655197368392_1238351056_o.jpg橋本 洋(はしもと ひろし)
1978年武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科卒業
1977年11月、日本フィルハーモニー交響楽団入団。2015年まで首席奏者を務め、現在に至る。
2003年より武蔵野音楽大学非常勤講師。
戸部豊(トランペット)、福井功(トランペット)、小林高彦(トランペット)の各氏に師事。
武蔵野音楽大学卒業演奏会、NHK-FM新人演奏会、武蔵野音楽大学同窓会新人演奏会等出演。
日本フィルハーモニー交響楽団にて、J.ハイドン「トランペット協奏曲」、J.N.HUMMEL「トランペット協奏曲」、マルタン「7つの管楽器の協奏曲」、A.コープランド「クワイエット・シティ」などを演奏。
武蔵野音楽大学学園祭に於いて、同大学准教授藤枝照久氏とベートーヴェンホールにて、HARALD GENZMER「SONATE」 、H.L.SCHILLING「Canzona uber Christ ist erstanden」、A.コープランド「クワイエット・シティ」を演奏。
2008年武蔵野音楽大学ウィンドアンサンブルとJoseph Turrin作曲「Fandango」を共演。

東京学芸大学管弦楽団、埼玉大学管弦楽団、東京女学館オーケストラのトランペット指導
東京都中学校吹奏楽コンクール審査員
日本アマチュアオーケストラ連盟主催トヨタユースオーケストラミュージックキャンプ講師


ブラスキャンプスタッフ

スタッフ

16707278_10158114850435461_7567714599774587787_o.jpg
白井 雄太(しらいゆうた)
抜群の事務処理能力を駆使してブラスキャンプに最大の貢献をしてくれています。



10606351_671113822972802_7376904046135434811_n.jpg
藤井 亮二(ふじいりょうじ)
将来の展望を見据えた企画、情報処理能力に助けられています。


アーティストサロン"DOLCE"

(ブラスキャンプ2018会場)

電車・バスでお越しの方へ

新宿駅西口より徒歩3分。

新宿駅中央西口から地上に出ていただき、京王プラザホテル方面へ直進していただくと新宿郵便局が右手に見えてきますので、その向かいのビル(西新宿昭和ビル)の8Fです。

住所

〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-13-12西新宿昭和ビル8F

TEL:03-5909-1771/050-5530-3919
FAX:03-3345-1388

dolce.map.jpg(地図クリックで拡大表示します)
img-salon-tokyo-facility02.jpgホール入り口の様子

アーカイブ

過去のブラスキャンプレポートや受講者の声を紹介しています。

Brass Camp 2018 受講者の声

3H3A4030.JPGいつも思っていることなんだけど、このイベントはもっと若い子たち(高校生や大学生)こそ参加するべきものだよなあって思ってるんですよね。若いうちから正しいことを知っていたほうが回り道しないで一直線で上手くなれる。

関連リンクLinkIcon

Brass Camp 2012レポート

P1020861.JPG4回目は幸運にも、クラウド・ゴードンブラスキャンプで "Construction and care of brass instruments" (金管楽器の構造とそのケア)の講師だったLarry Souzaを特別講師に迎えることが出来たことは大変意義のあることでした。

関連リンクLinkIcon

Brass Camp 2010レポート

P1010281.JPG今回はゾンタック別館フォーレス館を貸し切りにしてのブラスキャンプ。夜は雷雨となりましたが、館内移動のため悪天候もなんのその。昼間は天候に恵まれ最高の3日間となりました。

関連リンクLinkIcon

Brass Camp2009レポート

IMG_0096.JPGClaude Gordon Brass Campを引き継ぐ形でスタートした「第1回杉山 正ブラスキャンプ」が2009年7月の連休に開催されました!

関連リンクLinkIcon

ブラスキャンプ参加要項

(名称)
 このイベントは、杉山 正ブラスキャンプ(以下“ブラスキャンプ”とする)と称する。

(目的)
 ブラスキャンプは、金管楽器奏法に関する実技指導及び講義を行うことにより、受講者のスキルアップを目的とする。
・第1条 受講者として参加しようとする者は、所定の参加申込書をブラスキャンプ事務局(以下“事務局”とする)に提出する。受講者は参加申込書が事務局に届いた日から起算して14日以内に参加費¥18,000を支払うものとし、事務局による参加費の支払いの確認をもって正式参加とする。
・第2条 トランペットからチューバまですべての金管楽器奏者、また金管楽器指導者が参加出来る。ただし、高校生以下については別途保護者同意書の提出を前提とする。

ブラスキャンプ規約

・第1条 ブラスキャンプは楽器上達のための研鑽の場として位置付けられるため、講義を著しく妨げたり、他の受講者に対し迷惑を及ぼす者については退室してもらうこととする。
・第2条 講義内容や講義で提供された資料などは個人使用のみとする。受講者が講義内容を録画等する場合は事務局が発行する誓約書を別途提出するものとする。
・第3条 練習などの音出しは決められた時間内に行うものとする。
・第4条 喫煙は決められた場所で行うものとする。

【キャンセレーション ポリシー/解約時の注意事項】
参加申し込み完了後、受講者側が止むを得ずキャンセルする場合は速やかに事務局に連絡することとする。(ブラスキャンプキャンセレーションポリシーに基づきキャンセル料が発生いたします。お申し込み前に必ずご確認ください)

  1. 開催1週間前までのキャンセルは受講費の10%を事務手数料として頂戴し、残り全額を返金いたします(振込手数料差引額)。
  2. 開催6日前よりのキャンセルは、受講費の50%を差し引いた金額を返金いたします(振込手数料差引額)。
  3. 開催前々日、前日および当日のキャンセル、連絡なしのキャンセルは、キャンセル料を100%頂戴いたします。